傷んだ楽器を修理しよう

修理作業を行なう

昔は手作りの楽器が多かったため、壊れたとしても直すのが簡単ということがほとんどでした。しかし現在は個人で直すのは難しいため修理業者へ依頼する人も増えてきています。

この記事の続きを読む

部品の劣化

楽器はいくつもの細かな部品で作られていますので、ちょっとしたゆるみが音の違いに影響してきてしまう事があります。楽器は定期的にメンテナンスや修理をすることで現状を維持することができます。

この記事の続きを読む

パーツの交換

楽器の修理にかかる費用は、主にパーツ代と工費に分けられます。楽器の一部分が破損したり劣化したりしている場合には、パーツを交換することで直せます。楽器店でも自分でパーツを探すことができます。

この記事の続きを読む

劣化対策を行なう

楽器はどんなに大切に使っていても消耗品が磨り減ったり、部品の寿命がきてしまったら修理が必要になります。また実際に練習や演奏に使用していれば、落としてしまったり倒してしまうといった、トラブルも起こってしまいます。楽器は正確な音程を出す必要が有りますので精密に作られていますし、種類によってはとても華奢で頑丈ではありません。ですから楽器の知識が無い人が下手に修理をしてしまうと、さらに壊したり調子が悪くなってしまう可能性が有ります。そうなってしまうと、修理することが出来なくなって取り返しのつかない事になりかねませんので、注意が必要です。特に高価な楽器の場合はダメにしてしまうと大変なので、楽器修理業者に修理を依頼することをおすすめします。

楽器の修理にかかる費用は、楽器の種類や修理の内容によって違いますし、業者ごとによってもかなり違ってきます。大事に使っている楽器を直したい場合は、腕の良い業者を選んでそれなりの金額をかけることも必要になるでしょう。そこでどの業者を選べば良いか分からない場合は、インターネットを使って探すとすぐに見つけることが出来ます。インターネットにはとても沢山の業者がホームページが有りますので、それぞれを比較して選ぶことが可能です。中にはホームページに料金を掲載している業者も有りますので、料金の平均的な相場を把握することも出来ます。どの業者に依頼するか決めたら、事前にEメールで見積りを取ることも出来ますので、安心して修理してもらう事が出来ます。

専門店に依頼をする

楽器の修理を依頼する際には、専門店に依頼するというのも一つのポイントです。身近に楽器専門店がないという場合も多いですが、インターネットを活用すれば日本全国から多くの専門店を探し出すことができます。

この記事の続きを読む